怒りを手放し幸せに

 

 

質問

私の主人は退職して3年になります。以前からお酒で問題を起こしてきましたがその時はまだ仕事が有り家にいない時間が多かったのでなんとか我慢してきました。

退職後ほとんど家にいてすることがないのか朝から酒を飲んでちょっとしたことで怒り何でも私のせいにします。アルコール依存症だと思いますが本人は自覚がありません。離婚できたら良いのですがお金の問題もありできそうにありません。早く死んで欲しいとさえ思うこともあるくらいです。どうしたらよいでしょうか?

 

答え

客観的にご主人に問題があると言えますが、だれが正しいとか正しくないとか議論に入るのは一先ず脇に置いてください。

ご主人について腹が立って怒りの思考に陥っている状態が「自分の幸せにつながるか、役に立つか」と考えてみましょう。

 

 

許せないと思っているかもしれません。

その許せない気持ちを持ち続けることは自分の幸せにつながりませんし、役には立ちません。

 

怒りを手放すのが難しいかもしれませんね。

 

船が遭難して沈みそうなときにいくら貴重な物が入っていても重いスーツケースを持って岸まで泳いで行こうと思わないでしょう。

どんなに貴重な物が入っていても手放せば身軽になり岸まで泳ぐことが可能です(ご主人を手放して海に沈めろと言っているわけではありません)。

 

あなたの許せない気持ちはこのスーツケースより貴重ですか?