妄想に嵌るのはスマホ歩きより危険

危険です、歩きスマホ。

電車の中でスマホを見ている人が多いですね。ゲームや動画、メールチェックなどをしているのでしょうか。

スマホを使っていると周りに注意が向かなくなり危険です。

(以下太字は飛ばして読んでもらって結構です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近,スマートフォン(多機能携帯電話)の画面を見つめながら歩行する,いわゆる「歩きスマホ」をしている人が増えています。

「歩きスマホ」は,周囲への注意力が散漫になり,他の歩行者との衝突や階段からの転落など,重大な加害事故につながる恐れがあります。また,駅のホームからの転落や歩行時の転倒,道路への飛び出しによる交通事故などのほか,ひったくりやチカンなどの被害に遭う可能性もあります。

特に,視覚障害のある方にとっては,「歩きスマホ」をしている人は歩行の妨げになり,非常に危険です。他にも,子どもや高齢者,車いすや歩行補助用具を利用する方,妊婦,ベビーカーなどとの接触事故など,取り返しのつかない事態を招きかねません。

「歩きスマホ」は,自分だけでなく他人を巻き込む危険性があることを認識し,絶対にやめましょう。

「しっかり前を見て歩く」  それだけで防げる事故,守れる生命があります。

あなたは,事故を起こすリスクを背負ってでも,スマートフォンを見つめ続けようと思いますか。

歩きながらのスマートフォン操作は絶対にやめましょう。 

(京都市情報館のサイトより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

スマホに意識が奪われて危険なのはスマホ上の情報の良い悪いに関係はありません。

スマホを脇に置いて必要な時に使うことが出来れば便利ですが四六時中スマホをいじっていると生活の質や人間関係や仕事などにも支障をきたします。

 

久しぶりに恋人と会って雰囲気の良いレストランで食事をしているときにスマホばかり見ていたらどうなるでしょうか。

 

スマホを心配、不安、悩みなどの囚われている思考に置き換えて想像してください。

同じように問題だと思いませんか?

 

スマホに悪い情報が有ったとき、それを見たくないので壊す人はいませんし良い情報だけ表示するように改良する人もいません。

 

スマホの改造にエネルギーを注ぐよりただ脇に置けばいのです。

 

悩みに苦しんでいる人は不安、心配などを生じない様に努力する前にまず脇に置いて客観的に見る(あるがままに観察する)ことが大切です。

 

不安を敵にしなければあなたは無敵です。