今に気づくことが幸せ

 

 

全ての生命は幸せを求めていると仏教では説かれています。

苦しみを避け幸せを求めるのは生命に共通しています。

 

不安、心配、悩みなどに苦しんでいる人はそこから苦しみのない状態に行こうともがいてしまいます。

 

流砂に嵌った時にもがけばもがくほど動けなくなるように不安、心配、悩みなどから逃れようとすればするほど囚われてしまいます。

 

不安、心配、悩みなどの苦しみをあるがままに観察・気づき、苦しみの構造を見破ることができればたとえ不安、心配、悩みなどが有ったとしても同じように苦しむことは無くなるでしょう。

 

今の瞬間気づきの意識の留まることが幸せで、そこから離れ自我という思考の流れに巻き込まれることが苦しみの原因です。

 

今に気づくマインドフルネス瞑想を毎日5分でも良いので始めましょう。