アビダンマを学んだことで最愛のペットを落ち着いて見送れました

【アビダンマを学んだことで最愛のペットを落ち着いて見送れました】

名古屋市内 30代 女性 

私は今年の春から名古屋で月に一回行われています先生のアビダンマの講座を
受けています。

アビダンマはとても難しく、内容のほとんどをまだ理解できてはいません。

しかし、怒りや悲しみといった不善心を持つことがどれほど良くないことかが理論的に分かる
ようになり、少しずつアビダンマを実生活で役立てることができるようになってきました。

先生もアビダンマを学ぶことで、いかに煩悩が生じないようにするかが大事ですとおっしゃって
います。

そして、先月9年を共に過ごした大切な大切なうさぎさんが亡くなりました。

亡くなった主人の闘病の時や、私が一人ぼっちになってから5年間ずっと
側にいて励ましてくれたうさぎさんでした。なので、愛着がすごかったのです。

その子が亡くなる2か月前ぐらいから、私は原因不明の「涙が止まらない病」にかかり、
先生にお電話でのカウンセリングもして頂きました。

実は、予約のメール送信をした瞬間に心が軽くなってカウンセリングしなくても大丈夫に
なってしまって、それを先生にお話ししたら、「そういうことはよくありますよ。」というお返事
でした。

でも、先生という存在がいて下さるという気持ちが、支えになって有分心に変化が起こった
気がして、カウンセリングを受けよう!と思ったことがとても良かったと思います。

やはり、行動は大事です。

その後は、しっかりとうさぎさんの看病もできました。

アビダンマを学んだおかげで、死心(死ぬ時の心)が次の転生に大きく影響を与えるということを
知り、その子の幸せを本当に願うなら、悲しんではいけないと身をもって理解できていたので、
最後に呼吸が荒くなり、いよいよお別れだなと感じた時に心を込めて慈悲の瞑想をしました。

苦のない安らかな顔で逝けたのを見届けることができて、心からアビダンマを学んでおいて良かったと
思っています。

西澤先生にも心から感謝しています。