カテゴリー別アーカイブ: ニュース

不安から悟りまで自由になる

 

 

お坊さんの友達から初めて聞いた話ですが悟りを認定してくれる人がいて500人ほど認定済みとのこと(笑)

 

私は自分の悟りを認定してもらいたい気持ちがあるのは悟っていないのではと思いますね。

 

例えば美味しい料理を食べたら人に聞かなくても分かります。

人に今食べた料理は美味しいのでしょうかと聞く人はいないでしょう。

 

別な例えは雷が自分に落ちたとします。

人に今雷が落ちましたかと聞く必要があるでしょうか?

 

悟りはそれより強烈なものですから人に認定してもらう必要はないと思います。

 

色々な宗教で悟りという言葉を使います。

 

それぞれ定義が違うので人から悟ったと言われたら「おめでとうございます」

「実は私も悟っているのですよ」と答えて悟り談義に花を咲かせると良いと思います。

 

あなたは煩悩だらけで自己中の性格だから悟っているわけがないだろうと反論したくなる人も多いですが、悟りの定義しだいで自己中の性格の悪い人でも悟っていることになるかもしれません。

 

最近の流行では

すべては既に悟っている

悟っていないと思って苦しんでいるのも幻想でしかない

悟りとはただすべては一つだと気づくだけだ

 

人によっては、

気づく必要もない、すでにすべては一つで悟っているのだから

 

などといろいろな意見があります。

 

どう思おうが勝手ですし本人が幸せなら良いのですが、ごまかしや言い訳のような気がします。

「精神的な自由」を履き違えて「好き勝手やる自由」にするために隠れた自我が利用するかもしれません。

 

 

また別な定義では貪欲、怒り、無知などのすべての煩悩が無くなったら悟りだと言います。

 

自分の修業の進歩状態が悩みの種となったり、煩悩があることに自己嫌悪したりして苦しんでいるなら、一歩間違えると完全に悟るまで苦しみ続けなければならなくなります。

 

真の悟りとは何かというのはたとえ自分が悟りを体験したとしても違う定義で別な体験の人を説得することはできません。

 

色々な概念、教義は脇に置きそれぞれの問題に嵌らない様に気を付け、今の瞬間私という思考の流れ・一体化から自由になりあるがままに観察・気づくことが心配、不安、悩みなどから悟りに至るまでの最初で最後の一歩だと思います

 

焦らず落ち着いて行動

今日はいつも遅れてくる友達とのランチです。

いつも遅刻するので今日遅れたらランチを奢れと偉そうに言っていました。

 

ところが自分の乗った電車が事故で止まってしまい携帯で連絡しようとバッグの中を探しましたが見つかりません。

家に忘れてしまったようです。

 

運転再開のめどはついておらずまた次の駅までも動きそうにありません。

普段から早めに約束の場所に行く人なので待ち合わせに遅れた経験がほとんどありません。

何も連絡もせずに遅れるような失礼なことは絶対にしたくないのです。

 

待っている間電車が止まってしまったことに対する怒りや、約束でどおり行けない焦りや、友達からの評価が下がるかもしれないという心配や恥ずかしさなどで心がさまよっていました。

 

ふと隣を見ると何事も無いように本を読んでいる人がいました。

状況が違うかもしれませんが落ち着いた雰囲気が漂っています。

 

焦っていたところで早く着くわけではありませんし、連絡できるわけではありません。

友達からどう思われようが電車の事故なのでしかたがありません。

 

途中から気を取り直しバッグから本を取り出して読み始めました。

 

やっと電車が動き出し約束の時間より30分遅れで待ち合わせ場所に着くことが出来ました。

 

人生で色々な出来事が起こりますが状況を受け入れ、出来ることをするだけで心配したり焦ったりする必要ありません。

 

不安、心配、怒りに気づいたら直ぐに手放しましょう。

手放さない限り自分が苦しむだけです。

 

結局、最初に心配したのは杞憂で友達はもっと遅れてきてランチを奢ってもらえました。

現実的なゴール

 

 

理想を求めて生きることは良いことです。

しかし理想に到達できないと不満につながるようでしたら問題です。

 

精神世界に興味のある人は悟り、解脱などを求めている人が多いかもしれません。

実生活で悩みや問題もなく過ごしている人がさらに高いレベルの悟りや解脱を求めるなら良いことかもしれませんが、現実の生活が無茶苦茶で混乱しているのに直ぐにでも悟りたいというのは普通無理があると思います。

 

統合失調症の人が悟って高いレベルに到達したと思い、その境地をテレパシー(妄想)で大長老から認められたと信じていても、客観的な周りの人は悟りの前に病気を治した方が良いと思うでしょう。

 

まず現実的なゴールを目指しましょう。

現実的なゴールの設定は有名なSMARTという方法があります。

ヤンゴンのイギリス大使館関係の英会話教室の体験コースに参加した時に初めて教えてもらいました。その時は英語をマスターするため具体的なゴール設定でした。

 

分かりやすい説明なので引用させて頂きました。

http://namaraii.com/archives/5513

達成するためのスマートな目標設定

SMARTとは目標設定の上で注意すべき5つのポイントの頭文字を取ったものです。

SMARTの5つにポイントを押さえて目標を設定することにより、論理的かつ具体的な目標になり、具体的な「行動」につながります。

それでは、以下にSMARTの構成要素をそれぞれ紹介していきましょう。(ここではSpecific,Measurable,Achievable,Result-based,Time-boundを紹介しますが、SMARTの頭文字に当てるタンゴにはいくつかバリエーションがあるようです)

ポイント1 – 具体的でわかりやすいか?(Specific)

その目標は具体的でわかりやすく表現されているでしょうか?

曖昧な目標は決して達成されません。例を上げてみましょう。

■悪い例

真剣にダイエットする。

■良い例

私は毎日5kmのジョキングと週1度 30分の水泳をして、6月30日までに体重を3kg落とす。

悪い例の方は、具体的に何をやれば良いのかわかりませんし「真剣に」という表現も曖昧です。SMARTな目標設定では根性論的な考え方、表現を排除しましょう。

良い例は「誰が」「いつまでに」「どうやって」「どうなりたいか」が明確です。

ポイント2 – 定量的に測定できるか?(Measurable)

その目標は達成度を測れますか?

数値化し計測できない目標は、最終的な結果に対してどの程度、進んでいるのかを判断できません。

ポイント1に上げた悪い例では、ダイエットの進捗をどのように計測するのかが明確ではありません。(体重? 体脂肪?)

良い例は「体重を3kg落とす」と何を計測すれば良いのかが明確なので、目標にどこまで近づいているかを計測することができます。

ポイント3 – 達成可能か?(Achievable)

その目標は現実的で達成可能でしょうか?

人は達成できそうな目標に対しては頑張ろうという気になりますが、現在地から遠く離れた壮大で非現実的な目標に対しては、モチベーションが上がりません。

そうなると「どうせ無理だし…」と考えてしまい、具体的な行動につながりません。

ポイント4 -「成果」に基づいているか?(Result-based)

その目標は成果に基づいていますか?

目標は達成したい成果に対して設定しましょう。上の例では「体重を3kg落とす」ことが成果になります。

ポイント5 – 期限は明確か?(Time-bound)

その目標はいつまでに達成するかが明確ですか?

いつまでに達成するかの期限、マイルストーンを設定するのはとても重要です。

期限を設定すると、先延ばしや先送りができなくなりますし、現在の進捗と期限の関係から、順調なペースで進んでいるのか、あるいは、もっと努力しなければならないかが明確になります。

 

妄想に嵌るのはスマホ歩きより危険

危険です、歩きスマホ。

電車の中でスマホを見ている人が多いですね。ゲームや動画、メールチェックなどをしているのでしょうか。

スマホを使っていると周りに注意が向かなくなり危険です。

(以下太字は飛ばして読んでもらって結構です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近,スマートフォン(多機能携帯電話)の画面を見つめながら歩行する,いわゆる「歩きスマホ」をしている人が増えています。

「歩きスマホ」は,周囲への注意力が散漫になり,他の歩行者との衝突や階段からの転落など,重大な加害事故につながる恐れがあります。また,駅のホームからの転落や歩行時の転倒,道路への飛び出しによる交通事故などのほか,ひったくりやチカンなどの被害に遭う可能性もあります。

特に,視覚障害のある方にとっては,「歩きスマホ」をしている人は歩行の妨げになり,非常に危険です。他にも,子どもや高齢者,車いすや歩行補助用具を利用する方,妊婦,ベビーカーなどとの接触事故など,取り返しのつかない事態を招きかねません。

「歩きスマホ」は,自分だけでなく他人を巻き込む危険性があることを認識し,絶対にやめましょう。

「しっかり前を見て歩く」  それだけで防げる事故,守れる生命があります。

あなたは,事故を起こすリスクを背負ってでも,スマートフォンを見つめ続けようと思いますか。

歩きながらのスマートフォン操作は絶対にやめましょう。 

(京都市情報館のサイトより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

スマホに意識が奪われて危険なのはスマホ上の情報の良い悪いに関係はありません。

スマホを脇に置いて必要な時に使うことが出来れば便利ですが四六時中スマホをいじっていると生活の質や人間関係や仕事などにも支障をきたします。

 

久しぶりに恋人と会って雰囲気の良いレストランで食事をしているときにスマホばかり見ていたらどうなるでしょうか。

 

スマホを心配、不安、悩みなどの囚われている思考に置き換えて想像してください。

同じように問題だと思いませんか?

 

スマホに悪い情報が有ったとき、それを見たくないので壊す人はいませんし良い情報だけ表示するように改良する人もいません。

 

スマホの改造にエネルギーを注ぐよりただ脇に置けばいのです。

 

悩みに苦しんでいる人は不安、心配などを生じない様に努力する前にまず脇に置いて客観的に見る(あるがままに観察する)ことが大切です。

 

不安を敵にしなければあなたは無敵です。

人生の目的探しで苦しまない

 

 

中学生の頃30年以上前になりますが学研が出している雑誌(その頃は隔月発行、恥ずかしいので名前は出しませんが)でエドガー・ケイシーの記事を読んで興味を持ち本なども何冊か読みました。

彼の本で輪廻の思想を知りました(笑)

彼の教えは仏教の輪廻とは違い人は人にしか生まれ変わらず転生する度に魂を成長させていくようなことを言っています。

 

その影響で上京した後ケーシーの再来と言われていたポール・ソロモンが来日した時に自分の過去生の今生に与える影響、人生の目的などを聞いたことがあります。

その頃人生の目的さえ分かれば寄り道せず目的に向かって邁進できると思っていました。

結果は若い人には目的を言ってしまうとその人の可能性を制限してしまうので具体的には言わなとのことでした。

その当時は人生の目的を知ることが出来ず残念でしたが、その後はいろいろな精神世界の本なども読みJ・クリシュナムルティなどにも嵌っていたのでどうでもよくなってしまいました。

 

その後仏教に出会い長老に人生の目的とはと質問した時に「そんなものはない」と断言されなぜか開放感を感じたのを覚えています

テーラワーダ仏教の教えでは生命は無明(悟りの知恵がないので)目的もなく数えきれないほど輪廻転生していると説かれています。

 

宗教によっては創造主を称えること、神を信じること、真我を体験すること、解脱することなどいろいろな目的を説いています。

 

信じることによって良い人生が送れると良いのですが、信じることが葛藤を生む原因となるなら問題です。

神を信じたいけれども信じられない、悟りたいが煩悩だらけなど理想と現実の差によって苦しむことになります。

 

人生の目的が有るか無いかは置いておきましょう。

 

今の瞬間に気づきをもって生きることが出来れば瞬間を集めたものが人生になるので最初に思い込んでいた目的とは違うかもしれませんが良い人生を生きることが出来るのは間違いないと思います。

 

あらゆる固定観念を手放し自由な生き方ができると良いですね。

今に気づくことが幸せ

全ての生命は幸せを求めていると仏教では説かれています。

苦しみを避け幸せを求めるのは生命に共通しています。

不安、心配、悩みなどに苦しんでいる人はそこから苦しみのない状態に行こうともがいてしまいます。

流砂に嵌った時にもがけばもがくほど動けなくなるように不安、心配、悩みなどから逃れようとすればするほど囚われてしまいます。

不安、心配、悩みなどの苦しみをあるがままに観察・気づき、苦しみの構造を見破ることができればたとえ不安、心配、悩みなどが有ったとしても同じように苦しむことは無くなるでしょう。

今の瞬間気づきの意識の留まることが幸せで、そこから離れ自我という思考の流れに巻き込まれることが苦しみの原因です。

今に気づくマインドフルネス瞑想を毎日5分でも良いので始めましょう。

ニュース

ニュースニュースニュース
ニュースニュースニュース
ニュースニュースニュース

ニュースニュースニュース
ニュースニュースニュース
ニュースニュースニュース

ニュースニュースニュース
ニュースニュースニュース
ニュースニュースニュース

ニュースニュースニュース
ニュースニュースニュース
ニュースニュースニュース